痴漢に強い弁護士

児童買春「早期釈放・保釈してほしい」

「息子が児童買春で逮捕されたと連絡が来たが釈放してもらう方法はあるのか」「保釈してもらうために家族ができることは?」

ご家族が児童買春の容疑で逮捕されてしまい、釈放・保釈についてお困りの方へ。刑事弁護士を立てて対応することで、早く釈放・保釈されるケースがあります。

児童買春に強い弁護士に相談して、早期の釈放・保釈を目指しましょう。

よくある弁護士相談

弁護士さん、助けて下さい。息子が児童買春容疑で愛知県警の中村警察署に逮捕されました。逮捕されたのは昨日です。

今朝、警察官から逮捕の知らせがありました。知らせを聞いた私は信じられないと思い、すぐに中村警察署に駆け付けましたが、「面会させることはできません」と言われてしまいました。

警察官は、息子がどういうことをしたか、具体的に話してくれませんでしたが、18歳未満の女性に金銭を渡して性的な行為をした疑いがかかっていることと、これから10日間、留置場にいる期間が延長になる見込みであるということは教えてくれました。

息子は、繊維素材を扱う商社に勤めていて、課長代理をしています。上場企業なので、休み続けて、会社に児童買春で逮捕されたことを知られてしまったら、どうなってしまうかわかりません。

息子を何とか早く家に帰してもらうことはできないでしょうか?

よくある解決パターン

息子が逮捕され、警察から「いろいろと別件がある。再逮捕が続く可能性が高いです」と脅されたため、アトムの弁護士に事件を依頼しました。契約書を作って約束の着手金を振り込むと、すぐに逮捕中の息子に会いに行き、色々とアドバイスをしてくれたようです。

最終的には無事、再逮捕されずに、10日間の勾留だけで罰金となり、釈放されました。警察から「再逮捕になると思う」と脅されていたので、早くに事件が終わって安心しています。

刑事弁護士からのアドバイス

児童買春の罪では、被疑者を逮捕の上、捜査を進めることが多いです。証拠が集まった事件が1件だけであれば、勾留満期日に略式罰金刑になる見込みが高いですが、余罪についても立件された場合は、1件目の捜査が終わった後に再逮捕されてしまう可能性があります

ご相談者のご希望は「息子を何とか早く家に帰してもらうことはできないでしょうか」ということですが、どのタイミングで留置場から出ることができるかは、事件の内容や捜査の進展具合によります。

児童買春の罪で通常逮捕された場合は、痴漢や盗撮の罪で現行犯逮捕された場合と異なり、勾留を事後的に取り消すことは困難です。一度逮捕されてしまうと、少なくとも12、3日の身体拘束は覚悟しなければなりません。

もちろん、弁護士として事件を受任した以上は、最善を尽くすことになりますが、過去の事例や裁判所の運用に照らすと、厳しい結果を念頭に置く必要があります。

刑事事件に強いアトムの弁護士相談を受ければ、ご相談者は、ご自身の事件に関して、釈放される時期の見込みを知ることができます。また、アトムに事件を依頼すれば、余罪による再逮捕の点を含めて、留置場から早く出るための活動を進めることができます。留置場からの身体解放に関しては、弁護士を立てて対応するのがベストです。


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談