逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ

川崎聡介

川崎聡介
川崎聡介(かわさきそうすけ)

一人でも多くの依頼者の方の
笑顔を見るために
全力でサポートさせていただきます

所属事務所 アトム法律事務所大阪支部
所属弁護士会 大阪弁護士会
登録番号 41712
出身 大阪府
学歴 大阪大学法学部卒業
大阪市立大学法科大学院修了
趣味 キャンプ、ゴルフ、読書
座右の銘 雲外蒼天
川崎聡介

自己紹介

弁護士の川崎です。これまで大阪の別の事務所で弁護士業を行ってきましたが、このたび縁あってアトム法律事務所に入所いたしました。私が弁護士になった理由も多くの弁護士がそうであるように、誰かの役に立ちたい、人に感謝される仕事がしたいというものでした。これまでの弁護士生活の中では必ずしも楽しいことばかりではなかったですが、やはり全力を尽くした結果依頼者の方から笑顔で「ありがとう」の言葉を頂いたときには何ものにも代えがたい喜びを感じます。アトム法律事務所においても一人でも多くの依頼者の方の笑顔を見るために全力でサポートさせていただきます。

川崎聡介

刑事事件弁護への想い

社会で生きるほとんどの方にとって、逮捕されるということは当然のことながら極めて非現実的なことです。そのような非現実が突然現実となれば、その動揺ははかり知れません。その上、逮捕後の取り調べは孤独で、味方はいません。そのような時、まずいち早く逮捕された方の動揺を収め、その後の対応を冷静に行えるよう、そして、一番の味方であるために、全力で弁護活動を行っていきます。まずはご相談ください。

弁護士紹介

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

児童買春のよくある相談

児童買春でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

児童買春・援助交際事件の解決は時間が勝負です。なぜなら、被害者や相手方対応との関係で、法律的な知識や知見よりも、実際の弁護活動のタイミングが重要になってくるからです。

相談のタイミングはできるだけ早く

そのため、もし児童買春・援助交際事件でお困りの方がいれば、できるだけ早いタイミングでご相談ください。アトム法律事務所が運用する「LINEで弁護士に無料相談」のサービスを使えば、ご自宅からご相談者の都合のよいタイミングで相談することができ非常に便利です。(回答までお時間をいただくことがある点をご了承ください)

弁護活動の依頼は慎重に

もっとも、実際に弁護士に依頼するかに関しては、慎重に決定してもらって大丈夫です。事件を依頼するとなると、多額の弁護士費用が発生しますし、弁護活動についての弁護士との信頼関係維持が大切になってきます。色々な弁護士を比較して、一番信頼できて便利な弁護士を選んでください。

依頼後は、弁護士が即日活動スタート

弁護活動のご依頼を受けた後は、アトム法律事務所では、弁護活動の即日スタートを原則としています。なぜなら、特に児童買春事件においては、その解決は時間が勝負で、弁護活動に着手するタイミングが重要になってくるからです。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

児童買春のよくある相談

児童買春でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

児童買春・援助交際事件の解決は時間が勝負です。なぜなら、被害者や相手方対応との関係で、法律的な知識や知見よりも、実際の弁護活動のタイミングが重要になってくるからです。

相談のタイミングはできるだけ早く

そのため、もし児童買春・援助交際事件でお困りの方がいれば、できるだけ早いタイミングでご相談ください。アトム法律事務所が運用する「LINEで弁護士に無料相談」のサービスを使えば、ご自宅からご相談者の都合のよいタイミングで相談することができ非常に便利です。

弁護活動の依頼は慎重に

もっとも、実際に弁護士に依頼するかに関しては、慎重に決定してもらって大丈夫です。事件を依頼するとなると、多額の弁護士費用が発生しますし、弁護活動についての弁護士との信頼関係維持が大切になってきます。色々な弁護士を比較して、一番信頼できて便利な弁護士を選んでください。

依頼後は、弁護士が即日活動スタート

弁護活動のご依頼を受けた後は、アトム法律事務所では、弁護活動の即日スタートを原則としています。なぜなら、特に児童買春事件においては、その解決は時間が勝負で、弁護活動に着手するタイミングが重要になってくるからです。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)