白河から青少年保護条例違反の逮捕後の流れについて相談ができる弁護士はこちら

  • 白河市で父が青少年保護条例違反の容疑で拘束されている・・・
  • 近場の警察署から父が犯罪行為を犯してしまったと連絡がありました。
  • このまま留置場の子どもは有罪は避けられないのですか!?

白河で家族が容疑をかけられ警官に身柄を拘束された!
そんな時はどう対応するのが最善なのでしょうか?

間違った対応をして打つ手が無くなる前に、早めに青少年保護条例違反と刑事事件を中心に取り扱ってきたアトム法律事務所の弁護士に連絡です。

有罪で前科がついたら、ましてや懲役になってしまったら、残された家族やその後の社会復帰には大きな困難が伴いますね・・・。

  1. すぐに釈放してほしい
  2. 被害者に示談してもらいたい
  3. 前科がつかないようにしたい

アトム法律事務所は、このようなクライアントの悩みに合わせたベストな弁護活動を実施します。

スマホやPCで楽々無料相談

自宅で使える刑事事件LINE相談サービス24時間対応のフリーダイヤル予約受付で、一刻を争う心配にもスピーディーに応じられます。

青少年保護条例違反事件への対策はスピードが大事です。

迅速な勾留阻止不起訴に向けた活動が、その後の人生を大きく左右します。

弁護士あり 弁護士なし
警察対応 弁護士に一任 自力で行う
釈放・不起訴 可能性上がる 可能性下がる
※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。