福井から青少年保護条例違反の起訴のLINE相談できる弁護士事務所はこちら

  • 留置場の義父は前科は避けられないんでしょうか!?
  • 福井市で子どもが青少年保護条例違反の容疑で尋問されている。
  • 近場の警察署から父が犯罪行為を犯してしまったと聞かされました。

福井で家族が突然警官に逮捕された!
その時はどうするのが一番良いのでしょうか?

対応を間違えて窮地に陥る前に、早く青少年保護条例違反と刑事事件に強いアトム法律事務所の弁護士に相談です。

有罪で前科がついたら、ましてや実刑になってしまったら、本人も家族も非常に苦労しますね・・・。

  1. 釈放を求めたい
  2. 前科を回避したい
  3. 被害者に示談してもらいたい

アトム法律事務所は、このような相談者の気持ちに寄り添った必要十分な弁護活動を行います。

スマホやPCでお手軽無料相談

24時間対応のフリーダイヤル予約案内や移動中も利用できるLINE相談で、非常事態のお悩みにもスピーディーに応じます。

青少年保護条例違反事件に関する相談は迅速さが大事です。

迅速な不起訴釈放に向けた活動が、その後の社会生活のカギを握ります。

弁護士あり 弁護士なし
警察対応 弁護士に一任 自力で行う
釈放・不起訴 可能性上がる 可能性下がる
※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。