Q.「単純所持」という言葉をニュースで聞きましたが、何でしょうか。
A.他者への提供目的がなく、単に自分が楽しむためだけに所持している場合です。インターネットのサイト等を通じて児童ポルノを購入しても、自己の満足のためであれば、購入した側は法律で罰せられません。ただ、近年、児童ポルノに対する世論の高まりから、単純所持についても規制の対象にしようという動きが大きくなっています。実際に条例で取締りを行っているところも出てきました。自分が住んでいる所の取締り状況、今後の法改正の動きをよく確認する必要があります。

Q.18歳未満の少年少女が、自分からすすんで裸の画像をLINEで送信してきました。この場合でも児童ポルノの製造・所持・保管等で罰せられてしまうのでしょうか。
A.少年少女の方からすすんで送ってきたのであれば、受け取った側が罰せられることはありません。しかし、少しでも送信を促すような言動があると、「撮らせた」「送らせた」と判断されかねません。メールやLINEでのやりとりの際には、細心の注意が必要です。

Q.アニメや漫画に登場する少年少女の裸なども児童ポルノに当たるのでしょうか。
A.現在は、法律の規定のあいまいさから、取締りの範囲が不明瞭な状況です。性器等を無修正に近い状態で描写したとして摘発された例は少なくありません。しかし、どこまでが許される範囲なのか、明確になっているとは言えません。作者・出版社の側も、摘発を恐れて自粛している面も大きいでしょう。今後、より規制が強化されると、性的興奮を誘うとは思えないような、日常生活における入浴シーンや上半身裸の描写等も取締りの対象となるのではないかと懸念されています。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。