(1)「児童」とは
18歳未満の少年少女のことをいいます(児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律)。

(2)「児童買春」とは
「児童、周旋者又は保護者若くは支配者に対償を供与し、又はその供与の約束をして、当該児童に対し、性交等(性交若くは性交類似行為をし、又は自己の性的好奇心を満たす目的で、児童の性器等(性器、肛門又は乳首をいう)を触り、若くは児童に自己の性器等を触らせることをいう)をすること」と規定されています(児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律)。
簡単に言えば、お金を渡してわいせつな行為を行うというイメージです。

(3)児童買春の罰則
児童買春で有罪となった場合には、5年以下の懲役または300万円以下の罰金が科されます。また、児童買春を周旋した場合は、5年以下の懲役または500万円以下の罰金、あるいはその双方が科されます。
近年、児童を対象とする性犯罪については、厳罰化が叫ばれ、捜査機関の取締り・判決の内容も厳しくなっています。児童買春の容疑をかけられた場合には、早急な対応が求められます。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。