Q.相手が18歳以上だと信じてsexをしたら、後から18歳未満だと知らされました。この場合も児童買春の容疑で捕まってしまうのでしょうか。
A.本当に相手が18歳以上だと信じていた場合、児童買春の容疑で摘発されることはありません。しかし、外見から明らかに18歳未満であると思われるような場合、「知らなかった」では済まされません。本当に信じていたかどうかは、心の中の問題であり、外からは分かりません。そこで、客観的な状況に基づいて判断されるのです。相手が若い女性の場合、年齢確認は慎重に行うことが重要です。

Q.18歳未満の少女とsexをしました。しかし、真剣に交際をしている仲です。この場合も、児童買春の容疑で捕まってしまうのでしょうか。
A.対価の支払いがなければ、児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律でいう児童買春には当たりません。ただし、各都道府県ではほとんどの場合、青少年保護育成条例といった形で18歳未満の者との性交が禁止されています。対価の支払いがなくても、これに違反してしまうことになります。
しかし、互いに真剣な恋愛関係にある場合は、法に触れることはありません。各人の恋愛に法が介入することはできないのです。ただ、恋愛関係がもつれた際等に、後になって児童買春の被害の声が上がることも少なくありません。18歳未満の少年少女と交際する場合には、慎重な姿勢が求められます。

Q.どのようにして児童買春の事件は発覚するのでしょうか。
A.ホテル付近で警戒中の捜査官に呼び止められるケース、未成年者自身が被害の声を上げるケース、未成年者の両親が気付いて通報するケースなど、さまざまな場合があります。未成年者が何らかの理由で補導された場合に、携帯電話の通話記録・メール送受信記録から事件発覚に至るといったことも多いです。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。