18歳未満は「児童」
「児童」と聞くと、かなり幼い子供をイメージされる方も多いでしょう。しかし、児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律でいう「児童」とは、18歳未満の少年少女のことをいいます。女子高校生も立派な「児童」なのです。

18歳未満との援助交際は「児童買春」
援助交際とは、一般には女性が金銭等を目的として相手を募り、性行為を伴うような交際を行うことをいいます。売春の一種です。言葉の響きの軽さからか、さほど罪悪感もなく援助交際に及んでしまうケースが非常に多いです。しかし、とく相手が18歳未満である場合は、「児童買春」として非常に厳しく処罰されます。「無理やりではなく、相手も同意していた」という言い分は通りません。注意が必要です。

児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律

第2条
①この法律において「児童」とは、18歳に満たない者をいう。
②この法律において「児童買春」とは、次の各号に掲げる者に対し、対償を供与し、又はその供与の約束をして、当該児童に対し、性交等(性交若しくは性交類似行為をし、又は自己の性的好奇心を満たす目的で、児童の性器等(性器、肛門又は乳首をいう。以下同じ。)を触り、若しくは児童に自己の性器等を触らせることをいう。以下同じ。)をすることをいう。
一  児童
二  児童に対する性交等の周旋をした者
三  児童の保護者(親権を行う者、未成年後見人その他の者で、児童を現に監護するものをいう。以下同じ。)又は児童をその支配下に置いている者

第4条
児童買春をした者は、5年以下の懲役又は300万円以下の罰金に処する。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。