ここでは、援助交際の相手が18歳未満の「児童」に当たるものの、援助交際をしたとき「児童」だと気が付かなかった場合について説明します。

成人間での買春については、それを禁止する法律はあるものの、罰則が規定されていません。本当に相手が18歳以上だと思って性行為等に及んだ場合は、刑罰を科されません。しかし、相手が明らかに18歳未満に見えるような容姿の場合、「18歳未満なんて聞いていなかった」では済まされないでしょう。相手側が積極的に、自分は18歳以上であると偽って近づいてくるケースも少なくありません。それによって本当に騙されてしまった場合は、本来罪に問われることはありません。しかし、トラブルになった場合、捜査機関がすんなりとこちらの言い分を信じてくれるとは限りません。メールでのやり取りを残しておくなど、こちらが騙されたという証拠を取っておくことが重要です。またそもそも、相手の年齢が低そうなときは、細心の注意が必要でしょう。

今日、児童を対象とした性犯罪の取り締まりは、非常に厳しくなっています。捜査の結果最終的には犯罪に当たらないと証明されたとしても、初期の段階で逮捕・勾留されてしまう可能性も少なくありません。トラブルになりそうなときは、早めに弁護士に相談し、適切な対応をとる必要があります。いち早く捜査機関対応を行ったことで、逮捕などの身柄拘束が阻止できたケースも多いです。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。